FC2ブログ
2019.
02.17
Sun
三井記念美術館『三井家のおひなさま』
会期:2019年2月9日(土)~4月7日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30迄)
休館日:月曜,2/24(但し2/11,2/25は開館)
入館料:1,000円(大人)
所在地:東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL:03-5777-8600

CIMG3210.jpg
 毎年楽しみにしている、三井記念美術館「三井家のおひなさま」展  ※詳しくはコチラ⇒【三井記念美術館
今回は三井家に加えて、京都・丸平文庫所蔵の人形が展示されています。 
それらの市松人形や子供人形は、私が好きな平田郷陽の作品でした!
その中でも特に心惹かれたのは、「凧」「つぼみ」「三吉」の3体。
三井依子氏(新町三井家)が所有した「(個人蔵)」は昭和6年に完成した男の子の人形で、何度もその顔を見たくなるほど素晴らしいものです。
依子氏もこの人形に魅せられたのでしょうか。 チラシに掲載されている「つぼみ(個人蔵)」は翌年に作られていて、これまたすごく可愛い。
また「三吉(丸平文庫蔵)」もとても良い人形です。
そして、庶民風な女の子「」。 実は平田郷陽の弟・平田陽光の作品で、とても気になる人形です。
この人形の足元にいた木彫りのウサギは、現代の人形師・﨑山智水.作との事で、入口に展示されている賀茂人形も同じ氏の作品でした。
その他にも毛植の狆(犬)が幾つかいて、人形好きにお薦めの企画展となっています。
※丸平文庫と平田郷陽・崎山智水の作品についてはコチラ⇒【丸平文庫


 美術館のある三井本館は、設計:Trowbridge and Livingston、施工:James Stewart により、昭和4年(1929.3.23)竣工。
鉄骨鉄筋コンクリート造、地上7階(竣工時は5階)地下2階の建物で、三井記念美術館内では旧食堂と小金庫の扉を観る事ができる。


スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
back-to-top