FC2ブログ
2019.
03.17
Sun
所在地:宮城県登米市南方町本郷大嶽18番地
拝観:建物内部は通常非公開
TEL:0220-58-3572
  ※詳しくはコチラ⇒【大嶽山興福寺
興福寺
 興福寺に着くと何やら人で賑わっており、普段は中に入れないはずの観音堂と六角堂に人の姿が。
どうやら2017年(7.15~7.17)催された大嶽山の秘仏・十一面観音の三十三年一会ご開帳を記念して、2018年は建物のみ2日間だけ公開されたようで、ありがたく拝見させていただきました。
 この地は、平安時代に坂上田村麻呂が大嶽丸を退治し、7ヵ所に分葬して祀った観音堂の一つと伝わっています。
興廃・再建を繰り返し、江戸時代は伊達家の祈祷所・羽黒山の修験道場として栄えました。
明治の神仏分離令で一時は箟峯寺(天台宗)の末寺になりますが、昭和15年の宗教団体法を契機に観音堂は興福寺の本堂となりました。
興福寺・観音堂1
観音堂:何度か焼失しており由緒は不明。 伊達綱村の寄進により建設された堂宇も年月を経て再建(一部の材を再利用?)されており、明治21年に落成。 棟梁は小野新左衛門(脇棟梁は長作・勇之進など)
板壁には古代中国24人の親孝行物語の一部(観音堂6話、薬師堂2話)が彫刻されている。
昭和41年に屋根が葺き替えられた。
興福寺・観音堂2
観音堂内の参拝側
興福寺・観音堂3
観音堂の内陣側:2017年の三十三年一会ご開帳(7.15~7.17)を記念して、2018年は2日間(7.14~7.15)だけ特別開放され、普段入る事が出来ない場所が拝観できたので、許可を得て撮影。 こちらも六角堂と同じく天井画がある。
この2日間は大嶽山の秘仏・十一面観音のすぐそばで写経もできたようだ。
興福寺・薬師堂y
薬師堂:明治31年再建。 彫刻の色彩など近年に修復されたか。
興福寺・倉庫
書院の裏庭にある倉庫(板倉)はこの地方の独特の造り
興福寺・曼荼羅
檀家の高橋一男氏が隠居後に描いたという曼荼羅は、とても細密に描かれている。
ご子息の説明によると2枚の曼荼羅は92歳と94歳の時に完成させ、100歳で亡くなられたという。
他に描いた仏画は、十一面観音の三十三年一会ご開帳(2017.7.15~7.17)のポスターに採用された。
興福寺・洞窟
防空壕の様な穴の奥には観音様が祀られていた。
観音堂の下に大嶽丸の体の一部が埋められたとの伝承があり、その真下に彫られた穴はいつの時代のものだろう。

※興福寺その他の建物についてはコチラ⇒【六角堂

【参考文献】
「宮城県の近代和風建築」宮城県教育委員会 2016

【2018年7月 訪問】
スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
2019.
03.03
Sun
所在地:宮城県登米市南方町本郷大嶽18番地
拝観:建物内部は通常非公開
TEL:0220-58-3572
  ※詳しくはコチラ⇒【大嶽山 興福寺
興福寺
 旅をする際にいつも利用するJR東日本「えきねっと」(インターネット販売)
その会員数1千万人達成を記念して、2018年に会員限定「お先にトクだ値スペシャル」が発売されました。
管轄の新幹線一部列車が50%引との事ですぐに完売していましたが、運良く7月の「やまびこ号」の切符が取れて宮城へ。
更にJRレンタカーを借りて、以前から気になっていた登米にある六角堂へ行く事にしました。
興福寺・六角堂1
 興福寺に着くと何やら人で賑わっており、受付の誘導のまま書院へ。
その脇には六角堂が建ち、普段公開されていないはずの六角堂内部に人の姿が! 外から見るだけと思って来たので思わず興奮。
どうやら2017年(7.15~7.17)催された大嶽山の秘仏・十一面観音の三十三年一会ご開帳を記念して、2018年は建物のみ2日間だけ公開されたようで、ありがたく拝見させていただきました。
興福寺・書院2
中座敷:檀家や参拝客の休憩処として利用
興福寺・書院3
奥座敷:明治20年以前の建物と云われ、奥座敷・角座敷・納戸・中座敷・二階下・お歯黒部屋という間取りの客殿
興福寺・書院4
奥座敷の違い棚
興福寺・書院6
色ガラスと精巧な欄間細工という、洋と和の競演
模様入りの摺ガラスは、明治35年の高橋是清邸(江戸東京たてもの園)のガラス障子と同じ柄であり、当時流行していたもの。
興福寺・書院8
左:床の間と付け書院                
右:付け書院の裏手にある洋風窓の半円はフェイク
興福寺・書院10
建物裏手にある広縁の雨戸を開けると色ガラスに光が差す(手前に洋風窓)
興福寺・書院7
二階下:屋根裏の2階は物置か
興福寺・書院9
表側の戸袋は立派な造り。 当初は白く塗られていたのだろうか。
興福寺・六角堂2
左:客殿から六角堂への階段            右:和洋折衷のベランダ
外壁や木部などは近年になって修復されている
興福寺・六角堂建具
当初からある鎧戸
興福寺・六角堂3
六角堂:土蔵造り2階建て 何度か改修あり
明治16年起工、明治17年上棟。 観音堂の脇棟梁を務めた鈴木長作が棟梁となり施工した。(脇棟梁は内舘倉之助・金野忠三郎)
観音堂の工事中に本尊を安置していたが、観音堂落成後は持仏堂となり、1階は永代供養堂として使用。
屋根は木羽葺き→本瓦葺き→銅板葺き(大正12年)に改修されている。
1階床は昭和8年にコンクリートに改修され、外壁1階は漆喰→人造石洗出し仕上げになった。
さらに近年になって屋根の銅板葺き替え、木部の交換補修、外壁塗り替えが行われたようだ。
興福寺・六角堂6

興福寺・六角堂7
老夫婦が鶴と太陽を拝んでいる欄間彫刻
興福寺・六角堂4
仏像上の舟底天井は意外とシンプル
興福寺・六角堂5
左:柱に描かれた不思議な模様           右:伊達家の家紋が見える

※興福寺その他の建物についてはコチラ⇒【観音堂

【参考文献】
「宮城県の近代和風建築」宮城県教育委員会 2016

【2018年7月 訪問】
comment 0 trackback 0
back-to-top