FC2ブログ
2019.
06.30
Sun
建築年:明治初期
所在地:宮城県塩竈市本町3-9
アクセス:JR本塩釜駅~約500m
開 館: 土日12:00~15:00(その他は予約制10名以上) 臨時休館・貸切あり
入館料:有料
TEL:022-361-0685(又は022-364-0686 亀井邸)
 ※詳しくはコチラ⇒【松亀園
旧えびや旅館
 塩竈港と塩竈神社の近くにある花街の歴史を残す旧ゑびや旅館は、1階がカフェ、2~3階が塩竈まちかど博物館(松亀園)として公開されています。
カフェはれま】 11時~17時(L.O)、定休日:水・木(臨時休業あり) TEL:090-4557-1671
旧えびや旅館・2F
2F大広間:幅広の天井板がスゴイ
旧えびや旅館・欄間
欄 間:フナクイムシに喰われた木材を使用しているものも(中央の画像)
旧えびや旅館・桜の間1
3階「梅の間
旧えびや旅館・桜の間2
桜の間の天井画は2018年4月に復元完成
旧えびや旅館・桜の間3
象嵌(上:桜の間、下左:梅の間)
下右:桜の間の天井には作者の名が残る(63歳の時に描いた?)
旧えびや旅館・竹の間
3階「竹の間
旧えびや旅館・松の間
3階「松の間」松と亀の彫刻:松の枝の部分はサルノコシカケだろうか?
旧えびや旅館・装飾


 江戸時代から海老屋亀之助が貸遊女屋を経営し、その子孫が明治初期にこの建物を完成させたようで、梁には建て主「海老藤蔵」の墨書きが残ります。
明治9年(1876)天皇巡幸の際には大隈重信らが宿泊。
明治20年に鉄道が開通すると海老屋旅館(えびや旅館/ YEBI HOTEL)は塩竈駅前に移転。
この建物は経理の日野友吉が受け継ぎ、日野旅館(日の本旅館)として料亭/貸座敷を営業。
昭和10年には市川家(洋品店)の所有となり、松田家が借り受けて松亀園茶舗を開店します。
昭和30年に買い取った松田家は、東側を賃貸(パチンコ店・時計店・写真屋など)して、平成になるまで2~3階を店子が住居として使用。
それ以降、松田家の店舗兼住居となっていた建物は、東日本大震災の津波で床下浸水し解体の危機が迫りますが、NPOみなとしほがま主催で学術調査とシンポジウムが開催され、募金活動を開始します。
3回の見学会を通して多くの寄付が集まり、NPOみなとしほがまが土地建物を購入。
市内の各団体・組織との協同で2012年4月~お掃除会20回ほど行い、補助金も受けて修復開始2015年3月着工、10月に完了しました。
史乃 姐さん
 訪問時は2階が貸切りでしたが、千賀乃屋演舞会の当日券があるとの事で拝見する事に。
塩釜芸妓の文化を残そうとする千賀乃屋の皆さんが、塩釜甚句・塩釜ソーランなど披露。  ※詳しくはコチラ⇒【千賀乃屋
史乃さんの踊りを見て、市丸もこの様な艶気があったのだろうな…と感じます。
終わった後に皆さんに話を伺うと、塩釜みなと祭りが翌日に開催されるというので、また塩釜に来る事にしました。

【参考文献】
市民が作る塩竈歴史案内.第3集「ゑびやの歴史」高橋幸三郎 著 2017
「塩竈市史. 第1」塩竈市史編纂委員会 1955

【2018年7月 訪問】

スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
2019.
06.02
Sun
所在地:宮城県登米市登米町寺池中町3
建築年:明治22年(1889)落成
設 計:山添喜三郎、  棟 梁:菅原順平・及川養治・金本東八
アクセス:県庁市役所前or仙台駅前(東日本急行・高速乗合バス)→とよま明治村バス停下車500~600m
開 館:9:00~16:30(12/28~1/4休館)
見学料:有料(6施設共通券有り)
TEL:0220-52-2595 
  ※詳しくはコチラ⇒【警察資料館
警察資料館
 現在、警察資料館となっているこの建物は、明治21年に分署から昇格した登米警察署として、明治22年(1889)落成。
設計はウイーン万博(1873)日本館の大工の一人・山添喜三郎で、近くにある登米高等尋常小学校→(現:教育資料館)も設計しています。
昭和43年(1968)新庁舎が完成して登米警察署が移転すると、登米町商工会が昭和61年まで使用。
昭和62年(1987) 復元工事が終了し、「警察資料館」として一般公開されました。
警察資料館1F
中に入ると古いパトカーや白バイが!
警察資料館・パトカー
パトカーの運転席に実際に座る事が出来る
警察資料館・白バイ

警察資料館・1F天井
天井の漆喰彫刻
警察資料館・署長室
署長室
警察資料館・調所
調所(しらべしょ):当初は奉行所の様に容疑者を下に座らせ、取り調べた。
警察資料館・留置場1
鉄格子は昭和49年に解体された大河原署(1886-1963)の物で、宮城県警察学校に保管されていた。
警察資料館・留置場
留置場:復元工事中に昭和30年代まで使用した留置場の基礎が発見され、雑居房として再現。
隅の穴は便所(当初の物)で瓶が埋まっている。
警察資料館・1F展示室
火消しの展示室:昭和23年まで警察と消防は同じ管轄であり、外にある火の見櫓は大正14年完成。
警察資料館・階段
歴史を感じる擦り減った階段
条例
明治初頭の軽犯罪を描いた浮世絵:明治6年に布告された違式詿違条例であり、刺青・家の近くで花火・軒外に木や石等を積む・理由もなく髪を切る婦人・窓の格子から顔を出して通行人をからかう・そそっかしくて人に石粒を投げる等…とても面白い。
警察資料館・丸
偶然にもベランダと便所の穴が同じデザインに見える
玄昌石の館
隣りにある『玄昌石の館』 開館9:00~17:00(12/28~1/4休館)、無料
とよま玄昌石㈱の資料館であり、現在の会社は㈱とよま振興公社として近隣の資料館も管理している。
玄昌石
展示パネルによると、明治35年に登米地区でスレート(玄昌石)の発掘を開始して以降、スレート工業が一時隆盛となり、昭和27年と平成2年の東京駅改修でドームの屋根材、(昭和)東京オリンピック競技場の床材として大量納品したという。
警察資料館2


 設計者の山添喜三郎は、天保14年(1843)越後の角海浜村に生まれ、舟大工の奉公を経て、東京の大工・松尾伊兵衛に弟子入りします。
松尾がウィーン万博.日本館の棟梁に選ばれると一緒に渡航。
明治6年1月に横浜を出発し、3月にウイーンに到着。 その現場を担当したのは…
〔建築施工〕松尾棟梁・山添喜三郎・近藤半次郎・中野留吉・関口善助
〔遊園築造〕山添喜三郎・内山平石衛門・近藤半四郎
建設中に視察に訪れたオーストリア皇帝夫妻が、鉋屑を持ち帰ったというエピソードもあります。
万博が閉幕してロンドンの会社に買い取られた日本館一式は、松尾と山添らが移築して新たに土蔵も建設しています。
 日本に帰国すると勧業寮に雇われ、佐々木長淳の下に内藤新宿試験場内の製糸所(1876竣工)、群馬の新町紡績所(屑糸紡績所.1877竣工)の実施図を担当し、愛知の第一錦糸紡績所(1881)を監督。
明治15年に農商務省工務局を辞任し、宮城紡績会社の紡績所設計/工事監督を経て、宮城県に雇われ、登米尋常小学校・登米警察署・尋常中学校・鐘景閣の設計の他に、東浜街道の水界隧道(1886)・広瀬川の澱橋(1889)等を監督。
晩年は松島公園計画として五大堂・観覧亭の修繕、松島パークホテル新築(Jan Letzel設計)を担当。
75歳で宮城県技師/高等管7等となり翌年に退任。
大正12年81歳で他界して仙台の栄明寺に葬られました。

【参考文献】
科学朝日498号「海を渡った大工の棟梁 山添喜三郎」藤森照信 著 1982
「山添喜三郎の生涯と業績」温井眞一 著 2014 よみがえれ!新町紡績所の会

【2018年7月 訪問】
comment 0 trackback 0
back-to-top