FC2ブログ
2019.
11.17
Sun
小諸のちょっと気になる建物をご紹介します。

旧銀座会館2
旧 銀座会館:建築年:昭和初期、所在地:荒町2丁目4 
旧銀座会館1
ミルクホールとして開店し、BARやダンスホールとして賑わったが昭和30年代に閉店したという。
旧銀座会館3
その横にある付属建物 


旧 山崎長兵衛商店(山長)…建築年:大正~昭和初期、 所在地:小諸市荒町2丁目4-3
旧山崎長兵衛商店
寛政10年(1798)創業の文具・玩具・婦人用小間物を扱う問屋で、現在は別店舗で寝具・衣類などを販売。
この店舗は十数年前から使用されていなかったが、この地に移住した石川実氏が買取り『荒町GATE』として再興プロジェクトを開始。
定期的にマルシェを開催している。


旧 桑原病院…建築年:大正~昭和初期、 所在地:荒町2丁目-1
桑原医院


酢久商店(やまきゅう)…所在地:荒町1丁目7−12
酢久商店1
延宝2年(1674)創業し、酢・味噌・醤油を醸造。 代々の当主は小山久左衛門を襲名。
明治-大正時代の当主は小諸と茅ケ崎に製糸所(純水館)を創設し、信越本線の小諸開通に協力している。
また画家・小山敬三の父親でもある。


小山家…建築年:江戸時代、所在地:与良町1丁目2
小山家
江戸時代に庄屋であった屋敷は田の字型(土間・板の間・寝間・座敷)の古民家で、藩主を迎えたという式台(客用玄関)があり、長い歴史の中で改装しながら現在も住まわれている。


小諸病院…建築年:昭和6年 所在地:小諸市荒町2丁目-1-1
小諸病院
東京の慶應病院に勤務していた樋口隆蔵が、サナトリウム建設を志して大正13年に小諸馬場裏で樋口医院を開院。
現在地に建物を新築するにあたり、建材には故郷・奈良の吉野杉や檜を使い、窓には輸入品の紫外線ガラスを採用。
『小諸病院』と改称して開院した。

【2018年10月 訪問】

スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
2019.
11.04
Mon
小諸 旧北国街道の建物一部をご紹介します。


旧 小諸宿 問屋場 ※内部非公開・修復中
所在地:小諸市市町1丁目2−29, 建築年:江戸中~後期
旧小諸宿問屋場
問屋場(といやば)とは、次の宿場に向けて荷物の積み替えと馬の手配を行う場所で、その当時は右側の広場で荷物の積み替えをした。
左裏に大名の宿泊所となった本陣主屋もあったが、現在は門だけが残る。
元和2年(1616) 市町の上田善左衛門が上問屋に、本町の巴屋・小山六左衛門が下問屋に指定され交代で問屋場となったが、寛保2年(1742)の洪水で本町の本陣(一文字屋)と下問屋が流失。
それ以降はこの市町.上問屋の別棟が本陣になっていたが、明治になると競売に掛けられ移築された。
問屋場は田村家の所有となり、右側広場に洋館(旧小諸義塾)を移築して医院としていた。
旧小諸宿問屋場・看板
看板用の屋根


旧 小諸宿 本陣主屋
所在地:小諸市大手1丁目6-14,  建築年:江戸中~後期
旧小諸本陣
参勤交代の大名や幕府の役人が宿泊した建物。
問屋場の左裏にあった本陣主屋が競売に掛けられ、明治11年に佐久市鳴瀬の桃源院に移築されて本堂/庫裡となっていたが、寄贈されて平成9年に現在地に移築復元された。
旧小諸本陣・内部
台所横の大広間
旧小諸本陣・杉戸
杉戸
旧小諸本陣・欄間
付書院と座敷の欄間(上の釘隠しは上問屋の印?)
【小諸宿・旧本陣】 TEL:0267-24-7788
公開:9~17時(木曜日・冬期11月~3月は休館) 無料


旧 脇本陣(粂屋)…建築年:江戸後期, 所在地:小諸市市町1-2-24
粂屋1
粂屋重右衛門の旅籠で文政4年(1821)脇本陣に指定され、参勤交代の家臣などが宿泊した。
訪問時は再整備基礎改修工事中(2018/9/27~11/30)であったが、2019年7月から宿&茶屋『粂屋:くめや』としてOPENした。
粂屋・看板1
江戸時代の看板用屋根
粂屋・看板
昭和の看板


事務所…建築年:不明, 所在地:市町1丁目1-11
小諸図書教材社
小諸図書教材社と書かれたちょっと気になる建物は、昭和3年の地図に載っている小諸新聞社(印刷所)か?


旧 清水屋(久平商店)…建築年:大正12年(1923), 所在地:本町2丁目2−9
旧清水屋
味噌・醤油醸造元であった商家(笠原家)で、現在は資料館兼公民館として改装されており、訪問時は地元の方々が囲碁将棋をされていた。
旧清水屋2階座敷
2階座敷
小諸城・中仕切門
〈中仕切門の古材が展示されている蔵〉 ※左の写真は展示パネル
小諸城の南丸-北丸の間にあった中仕切門は三層構造の櫓門。
明治時代に払下げとなり、購入した清水屋の笠原久平が昭和3年(1928)その部材を利用して3階建て倉庫に建て替えた。
門の2階床を支えた冠木8m(大桁)は2本に切断され、倉庫の1階床梁に転用されたが、門の柱6本は行方不明となっている。
【北国街道ほんまち町屋館】 TEL:0267-25-2770
公開:9時〜17時(4〜10⽉)、10時〜16時(11〜3⽉)、無料
休館:⽉曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始


商家…建築年:不明、 所在地:本町2丁目2−15
田中燈灯店
江戸末期以降と思われるが屋号は不明。 現在は田中燈灯店となっている。


商家…建築年:不明、 所在地:本町3丁目1-3
本町3-1-3
こちらも古そう


旧 小諸銀行
建築年:明治中期、 所在地:長野県小諸市本町3丁目-2-21  
旧小諸銀行
明治14年に小諸銀行が設立された当初は隣の民家で開業し、数年後にこの建物が竣工したと云われている。
専務は柳澤禎三、取締役に酢久商店の小山久左衛門(正友)がいた。
旧小諸銀行2
現在は『萬屋骨董店』(TEL:0267-22-0268)となっており、許可を取り撮影。
旧小諸銀行3
2階座敷
旧小諸銀行8
2階次の間
旧小諸銀行4
2階の洋間は頭取室として使われた
旧小諸銀行5
見事な漆喰(石膏?)彫刻
旧小諸銀行7
上:輸入物と伝わる壁紙       下:釘隠しと欄間は同じ意匠
旧小諸銀行・階段
階段は2ヶ所あるが一部改造されている

【参考文献】
「小諸市誌 歴史編」小諸市誌編纂委員会 1984・1991
「商工興信録 本州中部地方」商工興信 1913
「大日本職業別明細図之内-信用案内」1928 ⇒上田市立博物館「上田古地図・絵図デジタルアーカイブ

【2018年10月 訪問】


comment 0 trackback 0
back-to-top