FC2ブログ
2017.
09.24
Sun
所在地:板橋区東新町2-30-23
アクセス:小茂根三丁目バス停~徒歩約3分 or 東武鉄道・上板橋駅~徒歩約15分
見 学:内部は非公開
  ※安養院についてはコチラ⇒【板橋区HP
安養院・本堂
 板橋区にある安養院に、明治時代の松平伯爵邸が移築されているとの事。
いたばし文化財ふれあいウイーク2016(10月末~11月初)にて数日だけ公開されるとの事で上板橋駅を降り、てくてくと歩いて辿り着いた先に緑の杜。 ※2017年度は残念ながら公開されないようです
T字路で迷いましたが、右手に行くと参道に近く(私はこの道)、T字路を直進して信号を右に曲がると表門や客殿に近いようです。
武王山最明寺 安養院(真言宗)は、鎌倉時代に北条時頼が開基したと云われ、江戸初期に再興されますが、明治の頃に火災に遭い、僅かな寺宝を残して焼失。 徐々に建物を再建して現在に至ります。
安養院・鐘
鐘撞堂
元禄2年の銅鐘にヒビが入り、享和2年(1802)再鋳。 国の重要美術品
安養院・堂
多宝塔 (木造、2004年竣工、設計:山雄設計事務所、施工:宏和建設)
この下には納骨堂『常圓堂』もある(RC造、2005年竣工、設計:GA設計、施工:日東みらい建設)
安養院・御堂
大師堂
安養院
客殿(旧松平基則邸)
明治35年(1902)、木造2階建て
麹町にあった建物が安養院へ譲渡され、昭和5年に移築完成
屋根は平成11年(1999)改修されている
安養院・表玄関引戸
客殿の表玄関
安養院・表玄関 屋根
前橋松平家の葵紋
安養院・中玄関
客殿の内玄関
安養院・玄関内
表玄関の内部:訪問時は表玄関ではなく案内人(檀家さん)と一緒に本堂から入った
安養院・玄関前廊下
表玄関の廊下にある杉戸
安養院・1F大広間
1F大広間
安養院・1F大広間 付書院
1F大広間の付け書院
安養院・1F大広間 欄間
1F大広間の欄間
安養院・棟札
客殿(旧松平基則邸)の棟札
建築技師:北澤虎造の他、薄くて読みづらいが副技師:中津音次郎?、建築掛:川成〇太郎?、 棟梁:金田平吉?
設計主任の北澤虎造は海軍建築技師で、前田公爵家和館(1905-1945焼失、現:東大本郷キャンパス庭園)等を設計し、この松平基則邸と同じ年に乃木希典邸(1902-現:乃木神社内)も完成している。
海軍に所属していた北澤のように、国会議事堂の基本設計者・大蔵省技師の吉武東里も幾つか個人住宅を手掛けている。
安養院・階段
左:表階段               右:裏階段(使用人向け)
安養院・2F階段
2F表階段から大広間に向かう
安養院・2F大広間1
2F大広間:この部屋は格が高く、折上げ格天井となっている
北烏山の妙壽寺に移築された鍋島直柔邸(1905年頃・非公開)も2Fに格式の高い大広間がある
安養院・2F床脇
床脇(左:実際に使えそうな上段の書院、 右:違い棚)
安養院・2F大広間 欄間
2F大広間の欄間
安養院・2F大広間照明
2Fの照明:一見新しく見えるが古い物(左:大広間、右:次の間)
安養院・家紋
家紋入り(左:照明ガラスシェード、 右:襖の引き手)


 松平基則は明治8年(1875)に、松平典則(旧 川越藩主)の三男として生まれます。 その後、松平直方に養子入りし当主となって伯爵になりました。
明治40年(1907.8.3)国へ申請して隠居し、本来の相続人である直之(松平直克の長男)に家督を譲り、昭和5年(1930.5.24)他界しています。※1
 この建物は麹町にありました。 松平基則の著書には住所が麹町区下二番町48番地とあり、旧前橋松平家の家臣・八木始(詩人・萩原朔太郎の祖父)も同じ敷地内に住み、明治35年「麹町区下二番町 松平基則様邸内・八木始宛」の郵便物が群馬県立文書館に保存されています。
 次回は安養院の仏像をご紹介します。⇒【安養院②

【参考文献】
※1)「官報」1907.8.6、1930.5.30

【2016年11月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/187-0d505cc3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top