2012.
03.11
Sun
建築年:大正5年(1916)竣工 
所在地:山口県山口市滝町1-1、 TEL:083-933-2268
構 造:煉瓦造 一部花崗岩貼り2階建、スレート葺き屋根  
設 計:大蔵省臨時建築部(妻木頼黄部長・大熊喜邦・武田五一ほか)
開 館:9:00~16:30
休 館:月曜・祝日(子供の日・文化の日除く)・12月28日~1月4日
入館料:無 料
山口県旧県庁舎
 この山口県庁舎は大正2年から3年の工期をかけて完成されました。
その後、裏手に新庁舎が出来てから、昭和60年より「山口県政資料館」として開館。 平成10年より6年の工事を経て修復を完了し、竣工当時の姿に戻っています。
 妻木頼黄は、幻の国会議事堂の設計者として有名です。 自費でアメリカ留学しますが、帰国させられ、J・コンドルに学びますが、日本の教育では満足がいかず、退学して再び渡米。
帰国後に大蔵省臨時建築部で国会議事堂計画に参加するも、木造の仮議事堂の建設で終わります。  その後も何度か延期となった事で妻木は辞任し、大正5年(1916)に死去。
妻木は東大寺の修復の他、日本橋・横浜赤レンガ倉庫・神奈川県立歴史博物館(記事⇒横浜正金銀行)など、現在の観光スポットとして有名な建造物も手掛けています。
山口県・旧県庁舎玄関
アールデコ調の玄関ホール 
山口県・旧正庁会議室
建物内で最も華やかな正庁会議室
山口県旧正庁・会議室出入口
政庁会議室出入口の装飾
山口県・旧知事室
旧 県知事室:角部屋のため窓が多く明るい。 応接ソファ奥の部屋の角に知事席がある。
照明
様々なデザインの天井装飾
山口県・旧県議事堂
 塔があるため隣りの県庁舎より華やかで、貴婦人といった感じの議事堂。
国会議事堂の夢を詰め込み、小さいながらも気合が入っている。
議壇
議壇と議員席
議場
国会議事堂と同様に吹き抜けになっており、報道・傍聴席が2階にある。
山口県旧議事堂・議員控室
議員控え室
県庁門
 この門は山口屋形の藩庁門として、幕末(1864年)に建造されたと云われる。
山口屋形は、城ではなく政務を取る場所と江戸幕府に報告し、本拠地として萩から強行移転した。
城ではないと言いながらも、この門の脇には堀があり、防衛も備えている。

  詳しくはコチラ→【山口県政資料館

 ここへ来る時は萩からバスに乗り、県庁前バス停で降りたのですが、帰りは電車を使いました。
県庁から徒歩20分でJR山口駅に到着し、新山口駅から宇部線に乗り換え草江駅に到着。 そこから500m程で山口宇部空港に着きます。

【2009年5月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/19-91c90983
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top