FC2ブログ
2017.
11.05
Sun
所在地:東京都福生市熊川1番地
アクセス:JR拝島駅~車8分位 or 徒歩20分位
蔵見学:通年(年末年始・仕込みの時期は休み)、無料、予約制1日3回(他に参加者がいる場合のみ1名参加可能)
TEL:042-553-0100
  ※詳しくはこちら⇒【石川酒造
石川酒造
 午前中に田村酒造を見学後、同じ市内にある石川酒造を訪問。 こちらでは12~1月以外は蔵見学ツアーを随時開催しています。(試飲も含まれる) レストランも併設されており、日本酒や地ビールを味わう事も出来ます。
石川酒造・本蔵
本蔵:明治13年(1880)
石川酒造・本蔵内3
本蔵の内部
石川酒造・本蔵内1
本蔵の出入口:内部は思ったより古く、一部に江戸時代の古材を使って建てたと思われる
石川酒造・本蔵内4
近年になって金物で補強している
石川酒造・本蔵内2
本蔵の基礎は石場建で、石の形に合わせて柱の底を削って上に載せただけの日本古来の工法。
地震の多い日本で倒壊していない建物も多く、免震性があるといわれている。
石川酒造・新蔵
新蔵:明治30年(1897) 酒の熟成用の土蔵
石川酒造・文庫蔵
文庫蔵:文久3年(1863) 非公開
石川酒造・史料室
史料館:雑蔵2階 11:30~、休業日:水・木曜日(祝日を除く)
石川酒造・長屋門
長屋門:江戸時代
石川酒造・麦酒釜の館
麦酒釜の館:昭和62年(1987)
石川酒造・麦酒釜の館2
彫刻家・塩野谷博山による作品(ビール醸造の様子)
真ん中の画像:左は屋号のカネイシ(矩へんに石)、右は現在のシンボルマーク
石川酒造・井戸
麦酒釜の館に置かれた明治時代のビール醸造釜
手前の井戸は現在、テーブルとして使用しているが、昔は秋に蔵人が集まると最初に井戸替え(井戸洗い)が行われた
石川酒造・酒
左:ここで醸造された地ビール『多摩の恵』
右:11月から期間限定販売される『しぼりたて かめぐち』は現地でしか買えず、売店で量り売りをしている。
以前は蔵人しか味わう事ができなかった火入れ前の搾りたて生酒。  


 文久3年(1863)多摩川の対岸にある小川村(現:あきる野市)の森田酒造の蔵を借りて13代当主・源右衛門が造り酒屋を創業。
明治14年(1881)現在地に酒蔵を新築し、明治16年に全て引き移しました。
 石川源右衛門は上川原村の名主・指田七郎右衛門の次男『和吉』で、石川家に養子入りした人物。
同じく実弟・圭蔵も、福生村の田村家(田村酒造場1822創業)に婿入りしており、兄弟で酒造りに必要な水田や分水路の開拓を推進しました。
その後、和吉(石川源右衛門)は甥の千代蔵(圭蔵の子息、1849生)を養子に迎え入れ、明治6年に家督を相続させています。
 石川家は、明治21年からドイツ式ビールの醸造を開始し、「日本麦酒(旭マーク)石川醸造所」のラベルが貼られて日本麦酒醸造会社から販売されますが、上手くいかず明治23年に製造装置が売却されました。
しかし、多摩地域の鉄道とビールは深く繋がっていたようで、日本麦酒社長・桂二郎のドイツ留学仲間である三浦泰輔(甲武鉄道/京浜電鉄の社長)が大日本麦酒㈱取締役に就任。
甲武鉄道㈱や青梅鉄道㈱の取締役であった実兄・田村半十郎(圭蔵の長男)の関係で、石川彌八郎(千代蔵)も青梅鉄道㈱監査役に就任しています。
 石川酒造では平成10年(1998)から再びビール醸造も行われ、福生の地ビールとして味わえるようになりました。

【参考文献】
「熊川分水」福生市郷土資料室,高崎勇作 他 2002 福生市教育委員会
「第三回調査全国五拾万円以上資産家」1916 時事新報社
政治経済論叢13「甲武鉄道社長・三浦泰輔の生涯」関島久雄 著1964 国土社

【2016年11月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/191-2d615622
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top