FC2ブログ
2018.
01.28
Sun
建築年:昭和11年(1936)竣工
構 造:鉄骨鉄筋コンクリート造、3F+塔屋+BF
設 計:大蔵省臨時議院建築局(原案は宮内省内匠寮有志によるコンペ作品)
所在地:東京都千代田区永田町1-7-1

衆議院
 衆議院70周年特別参観が、平成29年5月(2017.5.3~5.4)に開催されました。
まずは整理券をもらい、テントの休憩所や売店などで時間を潰し、指定時間が近づくと衆議院玄関の前に並びます。
館内は順路が決まっていますが、通常では入れない箇所も見学でき、撮影も可能でした。
衆議院・1Fホール
1Fホール
衆議院・1Fホール天井
1Fホール天井
衆議院・2F階段ホール
2F階段ホール:1Fホールからの腰壁・柱・手摺は黒部峡谷付近のオニックス、段石:山口県産「薄雲」
衆議院・2Fエレベーター
2Fエレベーター付近
衆議院・議場1
衆議院議場
議長席上に天皇の御座所、奥のバルコニーは日本の皇室用貴賓席と、その左側に記者席と参議院議員席・公務員席がある。
衆議院・議場記者席
議場バルコニー右側:記者席にカメラスタンドが設置してあるが、席は協会内で決めている。
後ろにある窪みが、かつて真空装置によって1階まで届けられたという原稿投入口だろうか。
横にある貴賓席は国賓用で、記者席後ろに外交官席・公衆席。
衆議院・議長応接室1
2F議長応接室:議長サロンとも呼ばれ、運営委員会が開催される
歴代議長の額があるが、建物好きとしては壁が埋め尽くされない事を願うばかり
衆議院・議長応接室2
2F議長応接室:日本では暖炉の近くが上座とされるが、部屋の両側に暖炉がある。
暖炉前に議長・副議長席があるのでこちらが上座のようだ
衆議院・議長応接室暖炉
2F議長応接室の暖炉:直火ではなく放熱器を使用。 石材は岩手県上閉伊郡産「紫雲」
衆議院・議長応接室刺繍画
暖炉上の刺繍画
衆議院・第一委員会室1
衆議院・第一委員会室
衆議院・第一委員会室2
衆議院・第一委員会室
衆議院・第一委員会室報道席
衆議院・第一委員会室記者席


参議院とは左右対称の間取りで若干違う程度。 建材は同じ物が使用されている。
次回は参議院をご紹介!

【参考文献】
「国会あちらこちら」服部恵龍 著 1960 信貴書院
「大理石・テラゾの五十年の歩み」全国石材工業 1965

【2017年5月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/199-c33eba34
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top