FC2ブログ
2018.
03.04
Sun
建築年:昭和2年(1927)竣工、何度か改修・補修工事あり
構 造:鉄筋コンクリート造2F+B1F+塔屋
設計施工:設計は佐藤功一、 施工は吉田與八
所在地:岩手県盛岡市内丸11-2 
電 話:019-623-4681
アクセス:JR岩手駅~バス『県庁・市役所前』下車スグ
  ※詳しくはコチラ⇒【岩手県公会堂
岩手県公会堂2
管理者の案内のもと、岩手県公会堂の大ホールや旧大食堂などを拝見させていただきました。
岩手県公会堂・券売所
左:券売所              右:床タイル
岩手県公会堂・大ホール玄関
玄関ホール
地階には当初、下足室・売店・理髪室などがあったようだが、その階段は現在封鎖されている。
下足室があったという事はスリッパに履き替えていたのだろうか。
岩手県公会堂・大ホール1
大ホール:第一公会堂とも呼ばれ、かつてはステージ前方にオーケストラピットもあった。
岩手県公会堂・大ホール2
大ホール:2F中央奥に映写室
岩手県公会堂・大ホール座席
床仕上材は剥がされているが、座席が現役!で驚く
当初の床はコルク貼で、壁は漆喰の上に和紙袋張り+銀紙張りであったという。
岩手県公会堂・舞台袖2
左:舞台の柱の装飾           右:舞台への階段        ※非公開区域
岩手県公会堂・舞台袖1
舞台袖                   ※非公開区域
岩手県公会堂・舞台裏
左:舞台下の通路                    ※非公開区域              
右:舞台裏の階段(手摺は木製):舞台袖の明り取り窓がある 
岩手県公会堂・案内図
案内図
岩手県公会堂・模型
資料室にある模型
岩手県公会堂・外壁
外壁のスクラッチタイル
建物の施工は岩手県中野村の吉田與八(与八)が請負い大正14年に着工、タイルや設備・家具類は東京の業者が担当。
ラジエーター式スチーム暖房に、水洗式トイレの汚水は浄化槽を通して中津川へ流したという。
岩手県公会堂5
左:地下にあった厨房も東南向きで明るい      
右:下から見えない2F外壁にはタイルが貼られていない
岩手県公会堂・装飾
左上と右上:大ホール玄関の壁面装飾
左下:大ホール玄関の枠          右下:南側通用口の枠

【参考文献】
「岩手県商工人名録」1929 盛岡商工会議所
岩手県公会堂年表など

【2017年6月 訪問】
       
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/203-9a8f8ee9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top