FC2ブログ
2018.
04.30
Mon
建築年:明治40年(1907)改装有り
構 造:木 造
設計施工:不 詳
所在地:岩手県盛岡市安倍館町19-64
公 開:10時~15時
休 館:月・火・8/10~8/20・12/25~1/15
電 話:019-646-1817
アクセス:JR岩手駅前~「安倍館」バス停~約3分  ※詳しくはコチラ⇒【一ノ倉邸
一ノ倉邸
 東京都知事などを務めた阿部浩の別邸で、次に所有した一ノ倉則文も亡くなり、しばらく無人の状態に。
市民団体が荒廃した建物を清掃して保存活動を始めたところ、その価値が認められ、平成4年に盛岡市が取得し公開しています。
一ノ倉邸・大広間
大広間
一ノ倉邸・座敷1
座 敷
一ノ倉邸・座敷2
次の間
一ノ倉邸・広縁
広縁にある水屋
一ノ倉邸・天窓
中廊下には天窓
一ノ倉邸・洗面所
左:洗面所              右:脱衣所
一ノ倉邸・浴室
浴 室(桶風呂と五右衛門風呂)
一ノ倉邸・便所
便 所:玄関の様に一段下がっている
吊下げ手水器は下の金具を手の平でプッシュすると水が出る仕組み
一ノ倉邸・囲炉裏の間
囲炉裏の間:天井は吹き抜け
一ノ倉邸・展示品
左:鳥カゴの様なストーブ             右:花巻土人形など
一ノ倉邸保存の立役者で管理者でもある西郷和子氏所有の品々が展示されている
一ノ倉邸・池
 かつては大きな池があり木舟が浮かんでいた。 庭の東屋の下には煉瓦を焼いた窯跡があり洞窟の様になっていたという。
昭和17年頃まで池の畔にあった2階建て離れは久保学園(現・盛岡誠桜高等学校)に移築された後、解体されたもよう。
庭には京都の高尾から運んだというモミジが植えられており、紅葉の名所となっている。
 平成24(2012)この池に「復興の花.中尊寺ハスを広める会」の株分け第1号が植えられた。
これは中尊寺金色堂の藤原泰衡の首桶にあったハスの種から開花したもので、奥州藤原氏ゆかりの厨川柵にあるという事で移植された。
一ノ倉邸・井戸
井戸

 施主・阿部浩は嘉永5年(1852)盛岡生まれ。 南部藩士の父が早世して母の手一つで育てられますが、幼馴染で後輩の原敬を背負って岩山に登るほど立派に成長します。 幕末に地儀隊に参加して秋田へ向かう途中、南部藩が敗北。
明治に入ると役人になり、鉄道事務官として国鉄盛岡工場の誘致を勧めたり、分課規程の草案を作成しますが、議論の最中に長官の井上勝を殴るという風聞があるほど血気盛んであったようです。
その後は衆議院議員となり、社寺局長まで昇進。 千葉・東京・新潟などの知事を歴任しています。
私生活では書家の佐々木辰(タツ)と結婚して一男4女を儲け、長男・金剛はシュールレアリズムの画家となりました。
 阿倍一族の末裔と称していた阿部浩は所縁の地を購入し、東京から庭師を招いて造園。 明治40年(1907)秋この別邸が完成。
阿部浩が大正11年(1922.10.7)東京の品川本邸で他界すると、大正14年(1925)この土地・建物を一ノ倉則文が買収しています。
 一ノ倉則文は、一ノ倉貫一(岩手県農工銀行頭取・衆議院議員)の孫で、岩手県農工銀行や岩手林業㈱の取締役を務めた人物であり、郷土史研究家として盛岡の歴史に関する著書も出している事から、厨川柵にあるこの屋敷に興味を持ったのかもしれません。

【参考文献】
「岩手県盛岡市当面之人物」 岩手民友新聞社1930
「庭園物語」 岩手日報社 1954
「もりおか物語10」 盛岡の歴史を語る会 1979
「岩手県近代和風建築」 岩手県教育委員会 2007

【2017年6月】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/207-14a6c639
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top