2018.
05.27
Sun
【チャグチャグ馬コ】 毎年6月の第2土曜に開催
行 程:滝沢市鬼越蒼前神社9:30~盛岡駅前~中津川~盛岡八幡宮13:45頃 
チャグチャグ馬こ1
 建物メインで旅をしているので、祭りの事を当日に知る。
その日は朝から小雨であったが、子供の乗り手と共に盛岡市内を行進していたようだ。
14時頃に終着地の盛岡八幡宮に行ってみると馬たちは餌を食み、13kmの道のりを歩いた飼い主・引き手も一息ついた様子。
しばらくすると馬は装束を外され、車に乗って帰って行った。
チャグチャグ馬こ4
農業・馬の守り神を祀る「駒形(蒼前)神社」に参詣するため馬と飼い主が集まるようになり、寛政の頃には小荷駄装束(参勤交代の輸送馬隊)を着けて参加する馬も現れ大流行したのが、チャグチャグ馬コ装束の原型といわれている。
蒼前詣での帰りに盛岡八幡宮へ詣でるようになったのは昭和5年からとの事。チャグチャグ馬こ2
仔馬も多い
チャグチャグ馬こ3
輸送や農耕の主力として南部の曲り家で大事に飼われていた馬だが、今では外国種もいる。
噛む/蹴る馬がいるかと思って最初は遠くから見ていたが、飼い主の許可を得てビロードの様な鼻づらを撫でる事が出来た。


【三ツ石神社】
三ツ石神社1
三ツ石の神にお祈りをして羅刹という鬼を捕えて三ツ石に縛り付け、二度とこの地方にやってこないと約束させて石に手形を押して逃がした。
これが県名『岩手』の由来と云われている。
また、鬼の退散を喜んだ住民達が神に感謝し、幾日も踊った事から『さんさ踊り』が生まれたという。
三ツ石神社2
裏手に廻ると石が三つある事がわかる
三ツ石神社3
本 殿
三ツ石神社・御神木
ちょうど御神木の枝打ちをしており、会長に許可を得て小枝を頂いた


【鳩峰山 報恩寺】
報恩寺・山門
山 門
報恩寺1
羅漢堂は嘉永4年(1851)再建
IMGP0048-1.jpg
左:土蔵造り・なまこ壁仕上げ         
右:内部の敷き瓦は表面が剥げて素材が見える。 地元の土で作ったのだろうか(明治時代に盛岡では煉瓦も生産していた)
報恩寺・本尊
本尊は廬舎那仏
報恩寺・五百羅漢1
五百羅漢の造立には4年程かけて享保20年(1735)に落慶
報恩寺・五百羅漢2
木彫の羅漢像は京都の仏師9人が制作している
報恩寺・天井画
龍の天井画
報恩寺・彫刻
渡り廊下には高橋萬治(本名:萬次郎,南部鋳金研究所職長)作の鋳造原型が並ぶ
報恩寺2

【2017年6月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/210-826fec77
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top