FC2ブログ
2018.
06.03
Sun
 盛岡監獄の大火以降、明治中期~昭和初期にかけて多くの建物が造られました。
盛岡に残る、その時代の建物を幾つかご紹介します。
ライト写真館1
ライト写真館(中央通1-6-16) 建築年:昭和期、 混合造2階建て
ライト写真館2
昭和27年の商工録には「ライト写真館・唐 健吾」となっている。
兄の唐 武治は明治から写真師として活躍しており、大正2年の「岩手県商工人名録」には所在地が日影門外小路(現在地付近)となっていて、健吾も一緒に働いていたようである。
ライト写真館3
左:ステンドグラス          右:玄 関



佐藤写真館1
佐藤写真館(中央通1-13-60) 建築年:昭和初期、 木造2階建て 
佐藤写真館3
ライト写真館の斜め前にある現役の写真館で大正時代に創業



唐たけし写場
唐たけし写場(中ノ橋通1-5-2) 建築年:昭和24年
京都で修業した唐 武は父・武治の写真館を受け継ぎ、叔父・健吾と一緒に営業していたようだ。
二人の所在地は昭和2年「盛岡市統計調査課 商工録」で日影門外小路となっている。
昭和10年に唐 武は現在地に開店するが、この建物は戦後に建てたものであり、廃業後は改装されて飲食店などが使用している。
ちなみに昭和27年の商工録には「東北写真館・唐 武(呉服町)」の記載あり。



開運橋通2丁目事務所1
旧 事務所・住居(開運橋通2-7) 建築年:昭和初期、 木造2階建て
岩手塩元売㈱/東北砂糖㈱の所有か、現在は使用されていない。
開運橋通2丁目事務所2



八幡町番屋
八幡町番屋(八幡町1−17)
明治27年(1894)頃に建造された『い組』の番屋であったが、残念ながら解体されて望楼のみが残された。



みちのくのあかね会
みちのくあかね会 工房(名須川町4-30) 建築年:大正~昭和期、 木造
三ツ石神社の近くにある学校の様な建物は、盛岡市民病院の一部を移築したもの。
戦争未亡人・引揚者の仕事を増やすため、昭和33年「盛岡婦人共同作業所」が発足し、昭和37年「㈱みちのくあかね会」設立、手織りのホームスパンを制作している。 歴代社長の中には遠山美知(⇒旧石井県令邸)もいる。
みちのくあかね会:見学可,10~17時(12~13時 昼休み),土休日・お盆・年末年始は休み, TEL:019-622-2648

【2017年6月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/211-507c6b4e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top