FC2ブログ
2018.
07.22
Sun
庭園開放:平日9~15 時迄、無料
所在地:岩手県盛岡市愛宕町14-1
アクセス:盛岡駅前~中央公民館前バス停下車スグ
TEL:019-654-5366

中央公民館
 公民館の敷地内に移築された建物。 貸室のため開放されておりませんが、許可を得て拝見させていただきました。
※現在は建物を管理する公民館が2018/4/1~2020/3/31まで大規模改修工事で休館中のため、庭園は開放していますが貸室は休止のようです。
詳しくはコチラ⇒【盛岡市中央公民館

◆南部伯爵家別邸
建築年:明治41年(1908)
南部伯爵家別邸2
 元々こちらにあった建物。 かつてこの地は盛岡藩の御薬園であり、後に下小路御屋敷という藩主の別荘となっていましたが、明治の混乱期に庭と建物が壊され荒廃。
南部伯爵家別邸として建造が行われ、長岡安平が整備計画したと云われる庭園は、地元の庭師・内田徳太郎が担当しました。
建物は明治40年5月着工、翌年9/25竣工。 盛岡出身の葛西萬司が設計監修し、遠藤精一(旧藩士)らが現場監理、棟梁は戸澤甚太郎が担当しました。 
昭和30年代から公民館となり、昭和55年に施設を新築するため玄関と接客空間を残して解体され、現在は別館となっています。
南部伯爵家別邸・大広間
大広間
南部伯爵家別邸・釘隠し
釘隠し(左上は廊下、その他は大広間) 
南部伯爵家別邸・天井
大広間の格天井
南部伯爵家別邸・内部
控室(洋間)は貸切り中のため拝見できず
   

◆白芳庵 ※保存のため貸室不可
建築年:大正7年(1918)昭和34年に移築
白芳庵
 内閣総理大臣を務めた原敬の別邸・介寿荘(一山荘)内にあったもので、組閣記念として造られた離れを原敬は「田舎屋」と称していました。
主屋(1909)を進駐軍や東北電力・県会議員の宿舎として賃貸するなかで、2階部分と茶室が焼失。
主屋は解体され、七十七銀行/日本生命に地貸しする事になり、庭木・庭石も競売に掛けられます。
その中で原敬が最も愛でた聚光院型灯篭は、一山もち翁?の店へ譲渡されたようですが、今もあるのでしょうか。
「田舎家」は昭和34年に原家が盛岡市に寄贈し、移築費用は七十七銀行が負担。 養嗣子の原貢が「白芳庵」と命名しました。
茶室にするため移築の際に四畳半に躙り口を付け、3帖間は水屋に改装されています。
白芳庵2
裏側
白芳庵3
広間(八帖)
白芳庵・床の間
広間の床の間には様々な材を使用
白芳庵4
小間(四畳半)
白芳庵5
左:水屋(新設)           右:附属室
白芳庵6
左:便所も改装済み        右:手水場は当初のまま(手水器は新しい)

聖風閣
聖風閣
明治天皇が明治9年に東北ご巡年の際、行在所となった菊池金吾郎邸(賜松園)御成の間を移築
聖風閣・内部
聖風閣・座敷
聖風閣・床の間
唐紙は張り替えられているが、飾り棚の戸襖は当初の物と思われる


◆愛宕亭
建築年:不明、昭和55年に移築
愛宕亭
公民館南側の国道沿いにあった俳人・山口青邨が幼少期を過ごした家が解体され、昭和55年の公民館新築の際、建物の一部を移築し「愛宕亭」と命名。
愛宕亭・内部
床柱など殆どが新しい材に交換されているようだ


旧中村家住宅(国指定重要文化財) ※貸室不可
建築年:江戸末期、昭和49年に移築
中村家住宅・移築前平面図
盛岡市南大通2丁目にあった呉服商「糸屋」の主屋や土蔵の一部を移築
中村家住宅
店(左下:夏用の冷風通気口か、 右下:雪国なので格子戸と突き上げ戸の間に空間を設けている)
中村家住宅・かんざ
鴨居の上に吊るされた南部箪笥
泥棒も手を出しずらく、床上浸水対策にもなっている
中村家住宅・居室
左:内帳場の奥に仏間
右:仏間の横は囲炉裏付きの常居(居間)
中村家住宅・応接間
応接間にある紫根染布張り椅子(大正期頃)
江戸時代のムラサキ草を使った草木染「南部紫」は藩の許可を得た問屋が専売していたという。
中村家住宅・店2F
店の2階にある客用の座敷

【参考文献】
「庭園物語」1954 岩手日報社
「白芳庵随筆」 山田勲 著 1961  新岩手社
「岩手県近代和風建築」 岩手県教育委員会 2007

【2017年6月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/214-4285681f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top