FC2ブログ
2018.
08.05
Sun
建築年:昭和47年(1972)
構造:SRC造一部S造、11F及び13F+BF
設 計:黒川紀章建築・都市設計事務所
所在地:東京都中央区銀座8-16-10
見 学:予約制・有料    ※詳しくはコチラ⇒【中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
中銀カプセルタワービル
 建て主『中銀』は(ちゅうぎん)ではなく(なかぎん)と呼びます。 銀座を中心に貸ビル事業を展開し、現在は中銀グループとして介護付有料老人ホーム等も運営、介護事業にも携わっています。 ※詳しくはコチラ⇒【中銀グループ
創業者の渡辺酉蔵(とりぞう)は昭和46年に中高齢者専用マンション完成させ、翌年にこの中銀カプセルタワーと、先見的な発想の持ち主であったようです。
万博のタカラビューティリオン(カプセル住宅)を観て黒川紀章に設計を依頼。 反対した社員達に「個人財産を投げ打ってでも行う」と説き伏せて建設を実施、1971年3月着工、翌年4月に竣工。
ビジネス用セカンドハウスとして380~486万円で140戸分譲したカプセルは即完売したとの事。
仕様は3グレード有り、TV・時計・冷蔵庫は標準装備で、オーディオセット・空気清浄機・流し台はオプション。 カラーは白・青・オレンジ・黒からセレクト出来たようです。 当時の管理費13900円には事務サービスやシーツ類の交換も含まれていて、ホテル的な機能も備えていました。
中銀カプセルタワービル・玄関
玄関脇にあるコンビニの箇所は当初、食事サロンになっていた
中銀カプセルタワービル・外部1
左:通用口の丸窓            右:床も丸タイル貼
中銀カプセルタワービル・廊下
このオレンジを内装色に採用した部屋はあったのだろうか(丸窓は各戸の電気メーター)
中銀カプセルタワービル・ブリッジ
2棟を繋ぐブリッジ部分:近くの窓には目隠しつばが取り付けられている
中銀カプセルタワービル・配管
ブリッジの天井裏に隠された配管はプレハブ化され、点検補修用に各戸の床一部が開くという
中銀カプセルタワービル・外部2
最下部は配管がむき出し
中銀カプセルタワービル・外部3
カプセルの最上部:クレーンで吊り上げるための金具が残る
カプセル名「BC-25(中銀ビジネスカプセル)」は海用コンテナをベースに製作
滋賀の工場→神奈川の仮置場→早朝に運び入れて徐々に積み上げていった
140戸のカプセルは入口と窓の位置が、縦/横/左/右の8種類あり、大丸装工部が製作
中銀カプセルタワービル・A904
A904号室は良い状態で現存
当初の床はスーパーデラックスがジュータン敷き、その他はPPフェルト貼であった
中銀カプセルタワービル・ユニットバス1
ユニットバス
中銀カプセルタワービル・ユニットバス2
便器と水栓類
中銀カプセルタワービル・備品
オプションのオーデオセット(TVは標準装備)
中銀カプセルタワービル・机
壁に収納できるデスク
中銀カプセルタワービル・窓
スチール製の二重丸窓は内側のみ開閉可能で、円形状のブラインドが嵌る
中銀カプセルタワービル・照明
照明と煙感知器は当初の物


 福島出身の渡辺酉蔵(1921-1991)は鉄道員になるも、中央大学卒業を経て弁護士に。
東京の王子で洋裁学園や英語学校も経営しつつ運営は妻・幸子に任せ、昭和28年に順天高等学校も継承しています。
新校舎建設資金を稼ぐため貸しビル業を始めますが、建設したブロック造3階建の建物が地盤沈下を起こし、順天高等学校の経営を諦める事に。
貸しビル業が軌道に乗ると再び順天高等学校を継承。一方で東京ドレスメーカー女学院となっていた洋裁学園は順天デザイン専門学校となりましたが昭和58年に廃校。 その一部は順天学園に受け継がれています。
晩年は宗教法人・平和の礎を継承し、熱海に4階建て納骨堂マンシオンを計画しますが、7mの敬老観音(制作:堤直美)だけが完成しています。

【参考文献】
新建築47(6)「中銀カプセルタワービル」新建築社 1972
都市開発10(110) 「反響呼ぶ中銀カプセルマンション」 都市開発研究会 1972
「空を買った男 : 渡辺酉藏伝」渡辺孝蔵 著 1992

【2017年8月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/215-866a1242
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top