FC2ブログ
2018.
09.17
Mon
建築年:明治26年(1893)
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢815(草軽交通駅舎旧軽井沢の裏手)
見 学:事前予約制 
TEL:0267-45-8695(軽井沢町 教育委員会 生涯学習課 文化振興係)
 
※下記の日は予約無しで見学可   詳しくはコチラ⇒【八田別荘
【2018夏の一般公開】2018.8.11㈯~9/30㈰の土休日,10時~15時迄(外からの見学)
八田別荘1
 明治から外国人の避暑地として人気があった軽井沢。 その影響を受けた日本人初の別荘が現地保存されています。
施主・八田裕二郎の自宅は東京小石川に在りましたが、霧積温泉で療養した際に軽井沢を訪れ、別荘で夏を過ごす外国人に感化されて土地を購入。
当時の軽井沢は電気や水道もなく、配電されたのは大正3年でしたが、八田別荘では昭和の初め頃までランプの生活をしていました。
海軍大佐であった八田裕二郎は、病気で休職した療養中に軽井沢を訪れ、後に別荘を建て軽井沢避暑団の理事も務めました。
若い頃の留学経験から語学も堪能で、外国人や地元住民から相談を受ける事もあったのでしょう。
海軍時代には有栖川宮威仁親王と同じく海軍特別調査局に在籍した時期もあったようです。
福井市出身で明治45年(1912)当選して衆議院議員になると、憲政擁護運動の県民大会を開くための会合を主催しています。
この建物は近年まで八田家の別荘として残されていましたが、平成26年度に軽井沢町へ譲渡(建物は寄贈)されました。
八田別荘2
北側:勝手口と浴室・便所がある
八田別荘3
東側:右手の穴は井戸の跡で埋められている
八田別荘・基礎
基礎と土台
八田別荘・サンルーム
玄関脇にあるサンルーム
八田別荘・1F座敷1
1F座敷
八田別荘・1F座敷2
座敷の奥に茶の間
八田別荘・茶の間
茶の間:円卓はちゃぶ台形式で脚をたためる
八田別荘・台所
左:台所                右:洗面所
八田別荘・浴室
左:浴室内の洗面台         右:近年まで使用したため改装されている
八田別荘・便所
便所も改装済み(左:便所前の棚、右:便所内部)
八田別荘・寝室
1F寝室
八田別荘・2F
2Fは一部屋のみだが、子や孫たちが雑魚寝する光景が思い浮かぶ
八田別荘・屋根
トタン屋根
 この別荘は自費で建設したものだが、勤務地の高等官以上の官舎は有料であったようで、玄関・取次の間・床の間付き室は公用として家賃の対象から除外すると海軍規則に書かれている。
ちなみに横須賀鎮守府司令長官舎と同じ敷地内にあった司令副官の官舎は、建坪40坪・平屋の日本家屋であった。
八田別荘・地蔵
明治43年(1910)の大洪水で流れ着いたお地蔵様

【参考文献】
時事評論1913.8「沈着綿密なる御性質」豫備八田海軍大佐 著
「福井市史 通史編 3 (近現代)」福井市 2004

【2017年9月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/218-616e16dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top