FC2ブログ
2018.
09.30
Sun
開 館:9時~17時(展示替え中,12〜2月は休館)
見 学:有 料
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖202-3
アクセス:軽井沢町内循環バスor 西武バス「塩沢湖」バス停近く
TEL:0267-45-1175
   ※詳しくはコチラ⇒【軽井沢高原文庫

 昭和60年(1985)開館し、軽井沢に所縁のある作家の資料などを展示する他、園内には別荘も数棟移築されており、共通券を購入すれば隣の軽井沢タリアセンにある建物も見学できます。
野上弥生子書斎1
野上弥生子書斎『鬼女山房』 
建築年:昭和8年(1933)、平成8年(1996)移築
野上弥生子書斎2
法政大学村(北軽井沢)にあった作家・野上弥生子の別荘の離れで、自ら山姥と称して1980年代まで夏を過ごした。
左奥には水屋が有り、茶室としても使える。(機械の下に炉が切ってある)
野上弥生子書斎3
左:玄関                 右:玄関脇にあるトタンの流し台
野上弥生子書斎4
裏手には便所も設置されており、快適な書斎となっている


堀辰雄山荘1
◆堀辰雄1412番山荘
建築年:大正時代、平成20年(2008)移築
堀辰雄山荘・暖炉
左:暖炉表側               右:暖炉裏側
堀辰雄山荘・天井
吹き抜けた天井に土管の煙突
堀辰雄山荘・内部
左:壁や戸には網代編みのアンペラが張られている        
右:軽井沢彫りの箪笥や堀辰雄が使用した家具も展示
堀辰雄山荘2
 これは釜の沢にあった建物で、昭和16年に聖公会の宣教師P.A.スミスから譲り受けたものだが、堀辰雄は油屋の離れを疎開先とし、戦争で家を失くしたドイツ人女性に暫く貸していた。 その後、信濃追分に新居を建てたため、深沢省三・紅子夫妻が別荘として借りていた。
 深沢夫妻は盛岡出身で、昭和22年(1947)岩手県公会堂の地階に開設された岩手美術研究所で指導にあたり、翌年には県立岩手美術工芸学校を設立する等、しばらく故郷で活動している。
その後も省三は岩手の大学で教鞭をとっていたが、紅子は東京・石神井にアトリエを構え、喘息治療の傍ら自由学園の講師をしていた。
夫妻は山中湖にも別荘があり、省三は1992年3月24日、紅子は一周忌の翌日にその別荘にて永眠した。
深沢紅子の美術館は軽井沢タリアセン内の旧郵便局2Fにある。


有島武郎別荘1
◆有島武郎別荘『浄月庵』 
建築年:明治末期、平成元年(1989)移築
有島武郎別荘2
 作家・有島武郎が大正5年から夏を過ごした別荘。 大正12年に婦人公論記者・波多野秋子とこの建物1階で心中した。
この別荘は税関長(横浜税関本関)を務め、後に実業家となった父・有島武が、明治末期に三笠ホテルの近くに建てたもので、近年まで現地にあったが平成元年(1989) 旧軽井沢区青年部.樫の実会より寄贈を受けて移築された。
有島武郎別荘4
左:階段              右:裏口
有島武郎別荘・2F
2F
有島武郎別荘3
1階はcafe「一房の葡萄」となっているが現在は休業している。(10〜17時,不定休,TEL:0267-46-2001)

【2017年9月 訪問】
※下線で記載したものは訪問記がありますので、クリックしてご覧ください。


スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/219-f2005816
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top