FC2ブログ
2018.
11.18
Sun
建築年:昭和6年(1931) 
構 造:木造平屋一部2階建
所在地:愛知県知多郡美浜町大字野間字須賀91-1
アクセス:名鉄「野間」駅~徒歩約20分(町営ミニバス自然号あり)
公 開:イベント時など
 
※2018年の特別公開:11月25日(日)10:00~15:30 予約不要 
野間郵便局旧舎
 毎年 愛知県では、愛知登文会(登録有形文化財所有者の会)による建物特別公開が実施されています。
※詳しくはコチラ⇒【愛知登文会HP
野間大坊・野間灯台で有名な美浜町にあるこの郵便局は昭和6年~昭和53年まで使用され、隣に局舎が新築されたため現在は『對雙鑑浦堂(たいそうかんぽどう)』として地元のイベントなどに使用されています。
訪問時には局舎を建てた森田定吉の孫・5代目局長が解説をされていました。
野間郵便局旧舎・1
 森田家の当主は代々『伊助』を襲名して廻船業を営んでいましたが、明治13年に三代目・伊助が自宅にて五等郵便局を開始。
明治34年に別の地に局舎(木造洋風2階建)を新築しますが、事務量の増加などで手狭となり、局長となった従兄の森田定吉が昭和6年にこの局舎を建てました。
この様に明治~昭和初期の郵便局は、財力がなかった国の代わりに各地の有力者が土地や建物を無償提供し営業していました。
野間郵便局旧舎・5
公衆室(左側:区分室、右側:局長室)
野間郵便局旧舎・発着室
左:スタンプの収納箱          右:発着台
野間郵便局旧舎・私書箱
カウンター下にある私書箱(表・裏)
野間郵便局旧舎・電話室
出入口脇の電話室
野間郵便局旧舎・休憩室
休憩室
野間郵便局旧舎・階段
左:箱階段                 右:扉のラッチがビー玉!
野間郵便局旧舎・2F
2階:電話交換業務の宿直室として使用。 電話交換は明治43年から開始している。
野間郵便局旧舎・屋根裏
表は洋風、裏手は和風の造りで、それぞれの屋根は洋小屋と和小屋になっている
野間郵便局旧舎・台帳
『野間局 各種事務取扱累年統計台帳』-預入金額の推移
字の特徴から定吉局長が書いたとの事で、デザインの勉強もしたのだろうか、きれいにレタリングされている。
野間郵便局旧舎・申請図1
申請図の原本
野間郵便局旧舎・申請図2
局長の森田定吉(1879-1955)は村長・群会議員を務め、陶芸家の井上楊南とは義兄弟で、日本画が得意であったという。
この局舎の平面計画は定吉が行ったと云われているが、美術・建築系の学校には行っていないとの事。
申請のため独学でパースも描いたとしたら凄いものだ。
野間郵便局旧舎・立面図
設計士が描いた図面
野間郵便局旧舎・平面図
実施設計で多少の変更が行われ、施工は小野浦の樋口松太郎が請け負い、芦屋の洋館改修で経験を積んだ弟子の杉村定次郎が担当した。
野間郵便局旧舎・展示物
展示品(2000.1.1の消印も)
岡田郵便局
岡田郵便局(現・知多岡田簡易郵便局)
 同じ知多郡にある明治時代の現役の郵便局(出入口廻り・内部など改修済)
知多貯蓄銀行.岡田出張所の取扱人であった伊井又兵衛(金之助)が明治32年に自宅にて郵便業務を開始。 この局舎は明治35年頃に竣工した。
昭和41年の郵便局移転で閉鎖となり、街並み保存会の事務所等に使用されていたが、平成5年に復活している。

【2017年11月 訪問】
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/223-d406d07a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top