FC2ブログ
2018.
12.02
Sun
建築年:昭和2年(1927)
所在地:愛知県豊川市御津町御馬
見 学:個人宅のため通常非公開


旧今泉医院
 毎年秋に開催される愛知登文会(愛知登録有形文化財所有者の会)で2017年に特別公開された旧今泉医院では、古い医療器具も拝見できました。 ※詳しくはコチラ⇒【愛知登文会HP
現在は個人住宅となっておりますが、所有者の許可を得て今回は掲載いたします。
旧今泉医院・手洗い場
畑作業などで汚れた患者が手を洗う場所には、伊奈製陶(鳥の絵+INA SEITO CO.,LTD+ISマーク)の手洗い器が付く。
これには日本工業規格の『JIS』マークが無いので、昭和22~24年の物のようである。
◇菱形の中にISマークの社標は、大正13年~昭和18年と終戦後に使用された。(戦時中は違う社標)
常滑の伊奈製陶所→伊奈製陶(INA)→イナックス(INAX)となっていたが、近年統合されてLIXILになった時、寂しい気持ちになった人は少なからずいたと思う。 ※伊奈製陶についてはコチラ⇒【常滑の土管
旧今泉医院・水道
井戸水を高架水槽までポンプで汲み上げ、院内の水道に使用。
旧今泉医院・受付
左:玄関の照明           右:受付窓口
旧今泉医院・担架
室名札と担架
旧今泉医院・調剤室
調剤室
旧今泉医院・診察室
診察室
旧今泉医院・古写真
当時の様子(展示写真より)
旧今泉医院・器具
写真にある医療器具がそのまま残る
万力で固定された遠心分離器は、ハンドルで回す手動式
旧今泉医院・手洗い器
医療用の手洗い場(衛生陶器メーカーは確認できず)
旧今泉医院・床
診察室の床は天然リノリウム張り
旧今泉医院・天井
天 井
旧今泉医院・応接室
応接間は晩年の今泉忠男氏の寝室となった
旧今泉医院・洗面所
洗面所
和製マジョリカタイル
右上にある多色草花文レリーフタイル(メーカー不詳19C~20C初) INAXライブミュージアム蔵
先日、常滑を訪問した際にINAXライブミュージアムに立ち寄り、企画展を撮影したもの。
掲載のため写真を見返したら、色違いの同じタイルがあったので驚いた。
★企画展『和製マジョリカタイル―憧れの連鎖』 2018.11.03(Sat)~2019.04.09(Tue)
※詳しくはコチラ⇒【INAXライブミュージアム
旧今泉医院・2F1
2F座敷
旧今泉医院・2F2
2F次の間:畳は剥がしてある
旧今泉医院・病室棟
病室棟:住居として建てられたのだろうか?床の間付きの部屋が有る
当初は住み込みの看護師が二人いたが、閉院時には一人となった
旧今泉医院・病室
部屋の両側に廊下が付く
旧今泉医院・噴水
庭の片隅にある噴水
旧今泉医院・窓2

旧今泉医院2


 江戸時代に一色家の家臣であったという今泉家は、3代目・今泉龍蔵の頃に明治維新を迎え、赤根村の代官の任を解かれます。
その長男・健蔵は豊橋にある町医者の書生となり、医学書を書き写して勉強し、明治30年に医師開業免許を取得。
明治36年から御馬村に移転し、昭和2年に医院を新築。 昭和4年に東京から戻ってきた息子の忠男も診療に加わり、外来は父親、往診は息子が担当し、虫歯の治療から分娩まであらゆる診療を行いました。
昭和63年(1988)忠男の引退に伴い閉院し、現在は御子孫の方が住居としています。
旧今泉医院3
【参考文献】
旧今泉医院内の解説板
「伊奈製陶株式会社30年史」伊奈製陶㈱社史編集委員会1956
京都学園大学リポジトリ『幕末・維新期における尾張藩の「勤王誘引」活動』 松井 悠奈

【2017年11月 訪問】
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/224-afee1771
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top