FC2ブログ
2018.
12.16
Sun
常滑の土管4
 今年11月に常滑を訪問した際に、とこなめ陶の森資料館の企画展を拝見。
陶芸の町として有名な常滑が、土管製造により栄えていた事を初めて知りました。
とこなめ陶の森資料館の企画展
「近代日本を支えた常滑の土管」展
開期:2018/9/15(土)~12/24日(月・祝) 9:00〜17:00
休館:月曜日(祝日の場合は翌日)
会場:とこなめ陶の森資料館 特別展示室(愛知県常滑市瀬木町4-203)
料金:無料         ※詳しくはコチラ⇒【とこなめ陶の森資料館
常滑の土管1
手びねりの土管
常滑の土管木型
明治以降は木型で成型(常設展示室)
常滑の土管3
左:東京汐留遺跡から発掘された鉄道伏樋(=ふせび,明治後期) 右:陶管の木型
常滑の土管2
上:耐酸パイプ(1944~1945) 伊奈製陶及び日本碍子製
下:様々な配管継手
常滑焼
左:呂号燃料製造用の大甕(タンク)と耐酸パイプ
右:平和な時代にはタヌキも作っていたようだ (常設展示室)
元丸利陶管工場1
元.丸利陶管工場:木造に土壁の明治後期~大正時代の建物か?
常滑焼窯跡見学館の看板があったが訪問時は閉鎖されていた
元丸利陶管工場2
元.丸利陶管工場の一部は、名古屋芸術大学常滑工房になっている(愛知県常滑市栄町2丁目53)
常滑窯跡
常滑に残る窯跡
常滑窯跡内
この窯でも陶管を製造していたようで、陶管の木型が残る
常滑の塀
電纜管(電気ケーブル埋設管)を利用した塀
昭和59年(1984)焼成した土管・陶管の名称はセラミックパイプに統一された


 土管といえば「ドラえもん」に出てくる、空き地に置かれたコンクリート製が思い浮かびますが、その歴史は古く、寺院建築の伝来と共に瓦や土管(土樋)の技術が伝わったと云われています。
常滑では江戸時代から鯉江家が土管製造を開始。 明治に入ると木型を開発して神奈川県や鉄道局より受注。
明治18年に鯉江家が鉄道局の土管販売権を開放すると業社が乱立したため、翌年に常産商会(鯉江家)が官許を取得しています。
鉄道伏樋(地中埋設管/Drain)は横切る農業用水等を通すため線路下に布設された横断管路で、これらの鉄道や水道普及により全国(岩手・石川県を除く)で陶管が製造されました。
大正10年に伊奈初之丞(INAX創業者)が、大倉和親(ノリタケ・TOTO・日本ガイシ創業者)より多額の出資を受けて匿名組合.伊奈製陶所を設立。
伊奈伍助(初之丞の弟)考案の陶管製造機で大量生産するようになります。
昭和9年から伊奈製陶所の陶管工場.耐酸部が独立して白色の精炻器の製造を始め、戦時中はタイルや電纜管の生産を停止して、昭和19年から呂号燃料製造用の耐酸炻器を製造しました。
終戦後は進駐軍接収建物の改装用にタイルの生産が再開され、衛生陶器の試作も着手して昭和20年に手洗器・和式大便器が完成。
翌年に東京赤坂の三会堂へ洋式大便器・洗面器を納品したのを皮切りに、昭和22年から便器(汲み取り式)・手洗器の大量生産も開始しています。
一方で陶管の方は、上水道に塩ビ管が採用された昭和中期から生産が減少し、さらに阪神淡路大震災の影響を受けて、常滑では平成16年に陶管製造が終了しています。

【参考文献】
「近代日本を支えた常滑の土管」展リーフレット 2018
「伊奈製陶株式会社30年史」伊奈製陶㈱社史編集委員会1956
「工業調査彙報. 13(4)」商工省工務局 1935

【2018年11月 訪問】
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/225-d7138bac
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top