FC2ブログ
2019.
08.04
Sun
 前回21年と8ヶ月ぶりに公開された旧博物館動物園駅。 その駅舎を見逃した方に朗報!
アートイベントの展示と共に見学出来ます。
大洲大作 未完の螺旋」 
開催日時:2019/8/10(土)~8/18(日)13時~18時 
所在地:東京都台東区上野公園13番23号(東京国立博物館の横)
入場料:無料(整理券必要)
整理券配布:会期中毎12:30~会場前の上野公園内にて
※整理券待ちは長蛇の列になるので熱中症に注意
※ちなみに前回は並んでいる人に各1枚だけ配布であった
主催:art-Link 上野-谷中 実行委員会  ※詳しくはコチラ⇒【art-Link
旧博物館動物園駅
ここからは前回の様子をご紹介
旧博物館動物園駅10
アナウサギを追いかけて』 2018/11/23~2019/2/24金土日のみ公開
演出:羊屋白玉, 美術:サカタアキコ, 技術協力:森健人 他 
この日の限定ツアー案内ウサギ:山田あさこ
旧博物館動物園駅・ドーム
出入口のドーム
旧博物館動物園駅5
左:シャッターの鍵穴         右:天井の廻縁のペンキは剥げている
旧博物館動物園駅1
階段上
旧博物館動物園駅・窓
換気用のスチール建具
旧博物館動物園駅・天井
天井の照明跡
旧博物館動物園駅12
昔の窓口
旧博物館動物園駅6
木製のカウンター
旧博物館動物園駅11
動物の頭蓋骨と糞のモデルが展示されていた(中央は本物のパンダ・ホァンホァンの頭蓋骨)
旧博物館動物園駅9
21年振りに賑わう構内
旧博物館動物園駅8
上:このイベントで配布されたリーフレット(案内ウサギが検札鋏でパンチ)
下:廃止時の落書き
旧博物館動物園駅7
改札への階段は閉ざされている
旧博物館動物園駅・改札
ガラス越しに見えた改札とホームへ続く階段
イベント時は京成電鉄の車内から照明に照らされたホームを一瞬だけ観る事ができたという
旧博物館動物園駅4
建築年:昭和8年(1933)  設計:鉄道省建築課
 昭和7年(1932.3.26) 日暮里―上野公園間の工事が認可され、9月3日から着工。
この上野公園一帯は世伝御料地(寛永寺本坊跡地→明治19年移管)であったため、御前会議(1933.3.8)で昭和天皇の勅許を受けて駅舎を建設。
昭和8年(1933.12.10)日暮里―上野公園間が開通し、博物館動物園駅が開業。
戦時中から休止して昭和28年(1953.5.1)再開するが、利用者減少・短いホームという事で平成9年(1997.4.1)再び休止。
平成16年(2004.4.1)廃止になってしまった。
しかし東京都選定歴史的建造物に選定されたのを機に、東京藝術大学と協同で昨年(2018.11.2)リニューアルして公開された。
旧博物館動物園駅2
 駅から離れた博物館に向かうためには、徒歩か台東区循環バス「めぐりん」orタクシーしかない。
いつかこの駅が再開されると良いが、ひとまず駅舎が残されて安心した。
※参考→ 【京成電鉄HP】 

【追記】 「大洲大作 未完の螺旋」 参照↓

大洲大作2
大洲大作 未完の螺旋」特別イベント・ダンスパフォーマンス(鈴木一琥,8/11,18:30~)へ行ってきました。
 構内は涼しいと思いきや、サウナの様に汗をダラダラ流しながら拝見。
もしや熱中症になるのではないかと思いながら、電車が通り過ぎる音とダンスが融合する不思議な空間を体験しました。
その後、急きょ行われた大洲大作氏と鈴木一琥氏のトークにて、座布団代わりに用意されたタイルカーペットを階段に敷いて拝聴。
 大洲氏によると、昭和20年(1945.6)京成電鉄の上野地下線が国に接収され、臨時鉄道指令室とするべく客車が運び込まれ、隣の寛永寺坂駅の上りホームは軍需工場となっていた事が判明。
同じ頃に大阪から満州へと渡り、軍需工場でネジを生産していた父親の手記を加え、今回のインスタレーションが完成したという事でした。
 そして鈴木一琥氏は、戦争を体験した人々が家族にさえ話す事が出来ずに封印した、無言の語りを舞踏で表現したとの事。
今回のインスタレーションは、本を読む感覚に近い構成といえるのでしょう。
今後の希望として、電車の通過音と風を感じられるよう、封印されたガラス扉がほんの少しでも開いたら(もしくは開閉できる欄間を設置)良いのかもしれません。
大洲大作1
※大洲大作氏についてはコチラ⇒【HP
スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/236-cd115cdc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top