FC2ブログ
2019.
09.29
Sun
会期:2019年9月17日(火)〜 30(月) 11:00〜18:30(無休・入場無料)
会場:ストライプハウスギャラリー1階~地階
 (東京都港区六本木5-10-33,TEL:03-3405-8018)

ストライプハウスギャラリー3
 六本木にあるストライプハウスギャラリー。 写真家・塚原琢哉氏が設立した旧(1981~2000)ストライプハウス美術館であり、2019年9月30日(月)まで人形作家の井桁裕子(イゲタ ヒロコ)個展「2004-2019」を開催。
ライフワークとして続けてきた肖像人形の他、2014年から始めた陶人形も展示。(作品に触れる事は不可・一部の作品は撮影不可)
ゲージツ家KUMA(篠原勝之)さんをモデルにした制作途中の作品も発表されています。 ※詳しくはコチラ⇒【井桁裕子HP
ストライプハウスギャラリー2
Bフロア(地階)の様子
ストライプハウスギャラリー4
階段とBフロア(地階)床はコルク貼り、1階は石の床
コルクは柔らかく水に強いため、お年寄り・子供・ペットのいる家庭に適した床材
短所としては原料が高価で施工が難しく、数年毎にワックスを掛け直す必要がある
井桁裕子5
加速する私たち(舞踏家・高橋理通子の肖像)2012 桐塑・石塑・油彩
井桁裕子4
枡片山の鬼(舞踏家・吉本大輔の肖像)2017 桐塑・石塑・獣毛・油彩
井桁裕子6
あまつみつかいの声もかくやと 2005 石塑
井桁裕子1
ウラノス・ロータス・ウラニウム(ゲージツ家・篠原勝之の肖像)
井桁裕子2
完成した作品には蓮の花が咲くという
井桁裕子7
Doll of battle ruins 2005 桐塑 
井桁裕子8
核の海 2018 陶器
昭和29年(1954.3.1)太平洋ビキニ環礁の水爆実験で被曝した漁船.第五福竜丸とマグロをテーマにした作品
作家ご自身の手により裏印を拝見すると、側面に三日月とマグロが見えた(展示作品に触れる事は不可)
ストライプギャラリー1
ストライプハウスギャラリーは再開発が計画されている六本木5丁目西地区にあり、外資系企業と労働者を呼び込もうと超高層ビルが建設される予定地にあるため、いずれは休館する予定。
地方には人口が減って空き家・空きビルとなっている未来に残すべき建物が沢山あり、出来ればその様な場所でギャラリーを再開してほしいと個人的に願っております。
 ※ストライプハウスギャラリーについてはコチラ⇒【ギャラリーHP

【2019年9月 訪問】

スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/240-0d8689e4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top