FC2ブログ
2019.
11.17
Sun
小諸のちょっと気になる建物をご紹介します。

旧銀座会館2
旧 銀座会館:建築年:昭和初期、所在地:荒町2丁目4 
旧銀座会館1
ミルクホールとして開店し、BARやダンスホールとして賑わったが昭和30年代に閉店したという。
旧銀座会館3
その横にある付属建物 


旧 山崎長兵衛商店(山長)…建築年:大正~昭和初期、 所在地:小諸市荒町2丁目4-3
旧山崎長兵衛商店
寛政10年(1798)創業の文具・玩具・婦人用小間物を扱う問屋で、現在は別店舗で寝具・衣類などを販売。
この店舗は十数年前から使用されていなかったが、この地に移住した石川実氏が買取り『荒町GATE』として再興プロジェクトを開始。
定期的にマルシェを開催している。


旧 桑原病院…建築年:大正~昭和初期、 所在地:荒町2丁目-1
桑原医院


酢久商店(やまきゅう)…所在地:荒町1丁目7−12
酢久商店1
延宝2年(1674)創業し、酢・味噌・醤油を醸造。 代々の当主は小山久左衛門を襲名。
明治-大正時代の当主は小諸と茅ケ崎に製糸所(純水館)を創設し、信越本線の小諸開通に協力している。
また画家・小山敬三の父親でもある。


小山家…建築年:江戸時代、所在地:与良町1丁目2
小山家
江戸時代に庄屋であった屋敷は田の字型(土間・板の間・寝間・座敷)の古民家で、藩主を迎えたという式台(客用玄関)があり、長い歴史の中で改装しながら現在も住まわれている。


小諸病院…建築年:昭和6年 所在地:小諸市荒町2丁目-1-1
小諸病院
東京の慶應病院に勤務していた樋口隆蔵が、サナトリウム建設を志して大正13年に小諸馬場裏で樋口医院を開院。
現在地に建物を新築するにあたり、建材には故郷・奈良の吉野杉や檜を使い、窓には輸入品の紫外線ガラスを採用。
『小諸病院』と改称して開院した。

【2018年10月 訪問】
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
https://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/242-bd2bb28a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top